リード用 ウインカー・スイッチ利用 ハザードユニット


ウインカーを "右→左"or"左→右" にすばやく切り替えるだけでハザードが作動
専用コネクター付きのため取り付けは非常に簡単


LEAD 90 ハザード点灯



ご注意
この装置は独自に考案したものでメーカーに確認したものではございません。
実車の配線を充分に確認された上でお試しください。



【取 付 方 法】

左右のバックミラーとビス3本外してヘッドライトカバーを取り外します。
バックミラーの取り外し
バックミラーの取り外し
ヘッドライト下のビス
ヘッドライト下のビス
インナー側のビス
インナー側のビス



110型カプラーはウインカー・リレーのコネクターの間に接続してください。
青色コード2本は左右ウインカーのギボシ端子にそれぞれ接続してください。
右ウインカーは空色コードに、また、左ウインカーは橙色コードになります。
(ご注意)
年式によってギボシ端子ではなく特殊なコネクターが使用されている場合があります。
その場合、ギボシ端子の代わりに分岐タップ(赤)を使用して接続してください。

装置本体
専用コネクター付き
装置取付前
取付前
装置取付状態
取付状態




【動 作 原 理】

ウインカーを一旦"右"or"左"に出し、そのときの状態を約0.8秒間記憶しておきます。
この約0.8秒間に反対側のウインカーを出したときにハザード起動の信号を出力します。
ウインカーの切り替えは短時間で行わなければならないためプッシュせずに切り替えます。
プッシュしてウインカーをすばやく切り替えた場合でもこの時間内であれば起動します。
ウインカー・リレーを利用しているためメーターパネルのシグナルランプも点滅します。




【装 置 の 特 徴】
製品の紹介

・ ウインカーを一旦 "右"or"左" に出した後、プッシュで解除せずに "右→左"or"左→右" に
 切り替えればハザードが起動します。
・ ハザードの解除はウインカー・スイッチをプッシュするだけです。
・ 装置の取り付けはギボシ端子とコネクターに接続するだけです。
・ ウインカー配線との接続はギボシ端子が標準となりますが、年式によって特殊なコネクターが
 使用されているため、その場合はギボシ端子ではなく分岐タップ(赤)を使用します。
・ この装置は生産物賠償責任保険(PL保険)の適用を認められています。

回路の特徴

・ アナログ回路のためバッテリー電圧が低い場合は若干起動時間が短くなる場合があります。
・ ウインカーをLED等の標準以外のものに変更されている場合は設定時間が変わります。

サイズ

基盤部分 : 2.7cm(縦) x 6.5cm(横) x 1.8cm(厚み)

主要パーツ

パワーリレー、トランジスタ、ダイオード、コンデンサ 等




お問い合わせはこちらまでどうぞ。
E-mail : info_h@e-rebirth.net

ホームへ