XX_Logo

ウインカー・スイッチ利用
ハザード & ポジションライト ユニット



ウインカーを "右→左"or"左→右" にすばやく切り替えるだけでハザードが起動
ポジションライトはウインカー作動時に自動消灯、解除時に自動点灯
取り付けはウインドスクリーンを外してコネクターに接続するだけ

ヨーロッパ仕様などの逆輸入車が対象
右ハンドルにライト・スイッチのないオーストラリア仕様
ハイスロットルに交換された場合にも最適


ハザード点灯



ご注意

ヘッドライト常時点灯義務などのために配線が変更されている場合がありますので、
実車の配線を充分にご確認頂いた上でご使用ください。




【利 用 方 法】


<利用例 1.>右に車線変更して車列に割り込んだ後、挨拶としてハザードを点灯する場合

 ・ 先ず、右に車線変更するため、ウインカーを右に出します。
 ・ タイミングを見計らって車線を変更し車列に割り込みます。
 ・ 右にウインカーを出している時間に制約はなく、長くても短くても大丈夫です。
 ・ ハザードを点灯させる場合、ウインカー・スイッチをプッシュせずに左に切り替えます。
 ・ ハザードが起動します。
 ・ ハザードを消す場合はウインカー・スイッチをプッシュすれば解除します。


<利用例 2.>左側の路肩に寄って一時停車するため、ハザードを点灯させる場合

 ・ 先ず、左側の路肩に寄るためウインカーを左に出します。
 ・ 後方を確認して路肩に寄ります。
 ・ 左にウインカーを出しておく時間に制約はありません。長くても短くても大丈夫です。
 ・ ハザードを点灯させる場合、ウインカー・スイッチをプッシュせずに右に切り替えます。
 ・ ハザードが起動します。
 ・ ハザードを消す場合はウインカー・スイッチをプッシュすれば解除します。




【取 付 方 法】


写真は99年式以降のBBのものです。
98年式以前のBBは右アッパカウル・カバーの下に取り付けます。

98年式以前はこちらをご覧ください。

ウインドスクリーンを取外してください。
スクリーンを取外す際にナットやカラーがカウルの中に落ちないようにご注意ください。
アッパーカウルを軽く持ち上げてスクリーンを横にスライドさせて引き出すと簡単に外せます。

ウインドスクリーン 取付状態

スクリーン、ボルト、ナット

位置でタイプが異なるナット



タイラップを外しビニールカバーを開きます。
タイラップは取外し可能なタイプです。再使用しますので取付けまで保管してください。
黒色のコネクターを外してください。つめ付きですのでご注意ください。

コネクター部 外観

コネクター接続状態

コネクター取外状態



黒色のコネクターの配線位置を確認してください。
装置を黒色コネクターの間につめがかかるまでしっかりと装着してください。

左ハンドル用 黒色コネクター

拡大してご確認ください。



装置を黒色コネクターの間に取付けます。
つめが掛かるまでしっかりと差し込んでください。
カバーでコネクターを包み、タイラップでできるだけ小さくまとめてください。
装置取付状態
装置取付状態






【ハザード動作原理】

ウインカーを一旦"右"or"左"に出し、そのときの状態を約0.8秒間記憶しておきます。
この約0.8秒間に反対側のウインカーを出したときにハザード起動の信号を出力します。
ウインカーの切り替えは短時間で行わなければならないためプッシュせずに切り替えます。
プッシュしてウインカーをすばやく切り替えた場合でもこの時間内であれば起動します。
ウインカーリレーを利用しているためメーターパネルのシグナルランプも点滅します。




【装 置 の 特 徴】
製品の紹介

・ ウインカーを一旦"右"or"左"に出した後、プッシュで解除せずに"右→左"or"左→右" に
 切り替えればハザードが起動します。
・ ハザードの解除はウインカー・スイッチをプッシュするだけです。
・ ポジションライトはキー・オンで左右のフロント・ウインカーが点灯します。
・ ウインカーおよびハザード作動時は自動的に消灯します。
・ ウインカーおよびハザード解除時は自動的に点灯します。
・ 装置の取り付けはコネクターに接続するだけです。
・ この装置は生産物賠償責任保険(PL保険)の適用を認められています。

サイズ

基盤部分 : 2.5cm(縦) x 7.0cm(横) x 2.5cm(厚み)

主要パーツ

パワーリレー、トランジスタ、ダイオード、コンデンサ 等





お問い合わせはこちらまでどうぞ。
E-mail : info_h@e-rebirth.net
また、製品をご希望の方もご連絡ください。

ホームへ